弁護士として活躍していた橋下徹さんですが
テレビで人気となり、いつの間にか肩書はタレントに。
そして勢いに乗って政治家になったのが7年前。
フラフラと風に流されるようにいろんな業界をさまよった橋下徹さんでしたが
ついに政治家も辞めることに。
そもそも政治家というイメージがなかったので政界を引退と言われると違和感を感じますが
皮肉にも最後の会見で見せた異様な笑顔はまさに政治家の物でしたね。
あの笑顔を見た瞬間私は「あぁ、橋下徹さんは政治家になったんだな」と感じました。
ところで7年間を振り返ってみると
橋下徹さんが残した功績と結果は評価されるものだったのではないでしょうか。
政治家じゃない人が知事になったからこそできた事だと思います。
そしてそれもこの辺が限界だったのだと思います。
使い捨てるようで橋下徹さんには申し訳ない気がしますが
大阪にとっては重要な7年間だったと思います。
2015.06.11 Thu l 政治 l top